初めてのお盆〜私の実家へ〜

こんにちは!メロンパンです♪♪
今日は、結婚5日目のブログです( ^ω^ )

結婚相談所で知り合ったポテトさんと結婚した私。
結婚してから初めてのお盆・・・ということで、先日ポテトさんの実家に行ってきました!
結婚2日目:初めてのお盆〜旦那の実家編〜
結婚3日目:初めてのお盆〜旦那の実家編no.2〜

今日は、ポテトさんが私の実家のお墓まいりに来てくれます。
お墓の場所まで少し距離があるので、私の両親が車をだしてくれるということで、
私の両親、ポテトさん、私の四人でお墓まいりに行くことに。

亡くなった祖父、祖母に旦那を会わせる

小さい頃から、私のことをとー・・・っても大切にしてくれた祖父。
残念ながら、中学校の頃にガンで亡くなってしまいました。

孫の中でなぜか私が大のお気に入りで、子供の私から見ても贔屓されていたことがわかったくらい可愛がってくれました。
大好きなおじいちゃん。
今でも、自分の身に何かいいことがあると、おじいちゃんのおかげだな、と思うことがあります。

占い師に手相を見てもらうときも、大抵「あなたはご先祖様に守られている」といわれます。
その度に、亡くなったおじいちゃんのことを思い出します。
それだけ、おじいちゃんから受けた愛情に守られていると感じます。

両親に初めてポテトさんを合わせたとき、父が「亡くなったおじいちゃんに似ている人だね」と言われたくらい、私とおじいちゃんは切り離せないものなのかな、と思います。
結婚相談所入会109日目:★☆うちの実家へのご挨拶☆★

私の花嫁姿を見たいと言ってくれていたけど、その願いは叶えられず、でしたが・・・。
お墓まいりにポテトさんが来てくれて、亡くなったおじいちゃんとおばあちゃんに手を合わせてくれたことが、なんともありがたかったです。

おじいちゃんに結婚を報告することができて、本当によかった。
本当によかった。

お墓まいりに行った後、四人でお昼ご飯を食べに行きました。
父が、ポテトさんと私のやりとりを見て、「よかったねえ・・・」と言って、少し涙がでていたように見えました。
つられて泣きそうになりましたが、大人なので・・・こらえました。笑

これまでは一人だったけど、パートナーができて両親を安心させることができて、本当によかった。

ご先祖様をどれだけ大切にできる人か

それから二人でお家に戻って、夜寝る時にこんな会話になりました。

ポテトさん「メロンパンちゃんの家族は、お盆のお墓まいりの時家族全員で集まらないの?」

私「私は毎年欠かさず行くんだけど、兄弟はお盆も仕事があったりとかで、全員で集まって行く習慣はないんだよね・・・」

ポテトさん「そうなんだ。集まって行く習慣はないのに、メロンパンちゃんは毎年自発的に行ってたんだね」

私「亡くなったおじいちゃんに特別可愛がってもらってたし、お墓まいりに行かないのはなんだかもやもやするからね。」

ポテトさん「そうなんだ。いい子だね。メロンパンちゃんがお墓まいり大事にする人でよかったよ。」

私「私も、ポテトさんがお墓まいり大事にする人でよかった。友達夫婦は、お盆も特に何もしないってところ結構いるからさ。私は、毎年やっぱり欠かさず行きたいし。ご先祖様を大切にする気持ちが同じで、よかったね。」

ポテトさん「本当だね。」

宗教観が合っているかどうかは、結婚生活がストレスなく送れるかどうかに関わってくると感じました。
私はたぶん、旦那がお墓まいり大事にしない人だったらすごく嫌だったと思います。
嫁側のお墓まいりも毎年欠かさず行くべきだとポテトさんが言ってくれたのは、本当にありがたく嬉しかったです。

お互いのご先祖様を大切にすることは、本当に大切だと思うので・・・。

もし宗教がお互い違ったとしても、相手の気持ちに配慮して、尊重する努力は絶対に怠っちゃいけないですね。




↓↓メロンパンが半年で成婚できた実績最強の結婚相談所↓↓
ワンランク上の結婚相談所【ハッピーカムカム】

↓↓メロンパンが5万円で結婚披露宴を依頼したエージェント↓↓
会費制結婚式するなら【会費婚】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5人家族の末っ子として首都圏ですくすく育つ。 幼い頃から仲の良い両親を見て育ったため、結婚に対して強い憧れを持つが、なかなか結婚相手が見つからずアラサーに突入。 自己流で婚活するがうまくいかず、最後の手段で結婚相談所に入会してわずか半年で成婚退会。現在主婦業に専念。 このブログを通して「幸せな結婚生活をたくさんの人にもたらす」ことをモットーに、自身の婚活の体験談や結婚生活を綴っています。