お見合いの服を選ぶ。元彼への思いを断ち切るためにしたこととは・・・

お見合いの服選び

お見合いに着ていく服を買いに、駅ビルの洋服屋さんへ。

ネットの情報では、お見合い写真と同じ洋服で着ていくのを推奨しているけど、
カウンセラーさんに相談したら、

カウンセラー「お見合いに着ていく服は、写真と同じでなくても構いません。
ただ、あまりにもカジュアルすぎるのはよくないですね。ジーパンとかは避けてください。
イメージとしては、合コンに着ていくようなちょっと小綺麗な格好です!」

と言われたので、「ちょっと小綺麗な洋服」を買いに行きました。
目に入ったのは、ピンクのカーディガンと白いタイトスカート。
ちょうど冬物セールの時期で安く手に入るので、買ってみました。
普段はこんな可愛らしい洋服は着ないけど、お見合いだもんね。
合計3000円のお買い物。
家に帰って着てみて、気に食わなければ違う服を着ていけばいいしね。

元彼のことを考えてしまう・・・

仕事中も、結局元彼のことをたくさん思い出してしまいました・・・。
また会いたいって思ってしまって・・・・。
うまくいかなかったから別れたって、頭ではわかってるんだけど、どうしようもないよね。

彼と初めて会ったのは5年前くらい。
見た目がすごくタイプで、真面目で努力家なところがとてもかっこよかった。
趣味の場で出会ったんだけど、一目見てほんとにかっこいいなって思った。
でも自分には無理だろうなって、諦めてたんだけど。
初めてご飯に一緒にいったときも、脈なしだって思ったから無理やり諦めたんだよね。
帰り道、なんか「タイミングは今じゃない」って、漠然と思ったのを覚えてる。
いま思うとあの直感は、付き合うことを予感してたのかもしれないな。

そして去年、久々にばったり再会して、その時に彼が私を気に入ってくれたみたい。
急にご飯に誘われて、告白された。
憧れだった人と付き合えることになって、舞い上がった舞い上がった。笑
今思い出しても自分の中では大恋愛だったと思う。
友達にきゃーきゃー言って報告したもん。笑
デートはもう、かっこよくて直視できないくらい。
憧れの人と付き合えるって、こんなに幸せなんだと思った。

でも、付き合ってみると結構しんどかった。
自分が彼に見合う女じゃないって思ってしまって。
ストイックな彼は女性に対しても理想を求めてしまうタイプだった。
ストイックなところが好きで付き合ったんだけど、そのストイックさが今度は私を苦しめた。
彼に嫌われたくなくて背伸びをして、疲れてしまって・・・。
本当の自分を出せなくて。
結局その「大恋愛」はすぐに終わった。数ヶ月ちょっとくらいだった。

やっぱり、自然体でいられるということはお付き合いをする上でとっても重要らしい。
どんなに憧れてどんなに大好きでも、無理は絶対に続かない・・・。

・・・って、わかってるのに!!!!笑
彼と結婚したら、子供をストイックに育てそうだな、とかいろいろ妄想してしまった。笑
結婚したら案外うまくいきそうだなとか。
ご飯の食べ方が綺麗な人だから、安心してしつけ任せられそうだなとか。
たくさんご飯食べる人だし好き嫌いもあまりないからご飯作りがいがありそうだなとか。
付き合ってた頃より「結婚相手としてどうか」というフィルターで見ている自分に驚く。笑

確かに、あんがいうまくいくかもね。
恋人向きじゃなくて、もしかしたら結婚相手向きなのかも。

とかそういうこと考えるとほら、また戻りたくなる。
前に進まないと〜!!!!(T . T)




↓↓メロンパンが半年で成婚できた実績最強の結婚相談所↓↓
ワンランク上の結婚相談所【ハッピーカムカム】

↓↓メロンパンが5万円で結婚披露宴を依頼したエージェント↓↓
会費制結婚式するなら【会費婚】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5人家族の末っ子として首都圏ですくすく育つ。 幼い頃から仲の良い両親を見て育ったため、結婚に対して強い憧れを持つが、なかなか結婚相手が見つからずアラサーに突入。 自己流で婚活するがうまくいかず、最後の手段で結婚相談所に入会してわずか半年で成婚退会。現在主婦業に専念。 このブログを通して「幸せな結婚生活をたくさんの人にもたらす」ことをモットーに、自身の婚活の体験談や結婚生活を綴っています。