ポテトさんとの信頼関係が試された結果・・・

結婚相談所

(LINE)
私「相談所を通していただいた質問ですけど、結果がわかるものをお持ちした方がよろしいですか?」
ポテトさん「何か誤解があるような気がします( ;  ; )誤解をときたいので電話したいです」

ポテトさんからの電話

まあ正直、ポテトさんから「誤解をときたいので電話したいです」とLINEが入っていたのを見た時点で、
なんとなく「あ、ポテトさんから発信された質問じゃないんだな」というのはなんとなく察しました。
いやいやー、だって、そうですよねー!!だって、ポテトさん絶対そんな質問する人じゃないし!!!!

少し安心しながら、今日は一日過ごせ、
夜仕事から帰ってきて家で寝っこりがりながら、ポテトさんからの着信を待っていました。

(電話)
ポテトさん「こんばんは。すいません、お電話して・・。いまお時間大丈夫です?」

私「いえいえ。はい、大丈夫です。」

ポテトさん「昨夜いただいたLINEを見て、なにか、誤解があるのかなと思ってお電話させてもらいました。
LINEだと語弊が生まれてしまう可能性があるので・・・。
・・・まずなんですけど、あの・・・、相談所の方からはなんて質問をされたんですか??」

私「・・・。えーと、そうですね。
まあ、全部ぶっちゃけますね!!私とポテトさんとの間で嘘ついても仕方ないし(笑)」

ポテトさん「はい、お願いします(笑)」

私「月曜日の朝、カウンセラーさんから、ポテトさんが私のことを気に入ってるみたいで、今度のデートの時におそらく真剣交際の打診があると思います、という電話がありました。(照)」

ポテトさん「はい(照)」

私「まあそれに対して私も、お受けしたいですという話をしたんですね。そのあと、カウンセラーさんから、ところでここだけの話なんですが、とポテトさんの昔の話をされました」

ポテトさん「昔の話ですか」

私「はい。以前ポテトさんが真剣交際に入ったら、直後にそのお相手の女性が子供を産めない身体なんですとカミングアウトしてきて、ポテトさんはお子さんを強く望まれている方なので、結果的にうまくいかず、すごく落ち込んでトラウマになった、というお話をされました。」

ポテトさん「・・・はい」

私「だから、メロンパンさんはそういうのないですよね?大丈夫ですよね?と、まあ単刀直入に言うと子供が産めない身体じゃないかどうかをカウンセラーさんに聞かれました。」

ポテトさん「ええ??!!そんなひどいことを・・・・・!!!私はそんなこと聞いてくれなんて一言も・・・。
ひどい、本当にひどいですね・・・。」

私「で、持病はないので多分大丈夫だと思いますとお答えしたら、カウンセラーさんに、ポテトさんの相談所のカウンセラーさんに聞いてくれと頼まれたので聞きました、といわれたんです。で、そのあとちょっともやもやして・・・。その質問て、ポテトさんが私にしてくれって、自分じゃ聞けないから相談所の人をとおして質問してきたのかなって思って。もしそれだったら、正直いやだなと思いました。ポテトさんのカウンセラーさんが気を利かせて自発的にしてきた質問なら話はわかるんですけど・・・。」

ポテトさん「私は、本当にそんな質問をしてくれなんて一言も言ってないんです!!これは、本当に信じて欲しいです。」

私「そうですよね・・・。私もポテトさんは、そんな質問をする方じゃないとは思っています」

ポテトさん「こちら側の話をすると、この間メロンパンさんと食事にいった翌日に、カウンセラーさんから電話があったんです。最近メロンパンさんとはどうですか、と。で、私は真剣交際をしたいと思っていますとカウンセラーさんに言いました。
そうしたらカウンセラーさんが、じゃあ私がメロンパンさんのカウンセラーさんに電話して、感触を確かめてあげるわよ、と言ってくれたんです。
なので、じゃあ、お願いしますと依頼をしました。
そして、月曜日の午後にカウンセラーさんから連絡があり、メロンパンさんも悪い気はしてないみたいですよ、と報告してくれました。
そして、ついでに健康状態も聞いておいたわ、と言われました。
健康状態、といわれて、それはどんなことを聞いたんですかと質問したら、特段健康状態に問題はないようですよ、と。
そのあとは・・・ちょっと、ブライダルチェックとか、そういう聞きなれない単語がでてきたものですから、少し流れたんですが。
そしてそのあとに、メロンパンさんから”相談所づたいでいただいた質問ですが、結果のわかるものをお持ちした方がよろしいですか”というLINEがあったので、もしかして私がメロンパンさんに相談所をつかって質問したのかと思われているのではないかと、誤解されてしまっているのかと思ったんですね。
で、そのあと相談所には、そんな質問をするとは思わなかったです、と少しクレームというか文句みたいなことを言ったんですよ。
本当に信じて欲しいんですが、私は確かに、メロンパンさんの感触を聞いて欲しいと頼みましたが、健康状態のことを聞いてくれなんて、一言も頼んでいないんですよ。
だって、べつにどんな答えが返ってきたって、それで判断することはないですから。自分のことを棚に上げて、メロンパンさんの健康状態を聞くなんて・・・そんなこと・・・。
年齢的にも、問題があるとしたら私の方じゃないですか!!
メロンパンさんが私のことを疑うなら話はわかりますよ。なのに、メロンパンさんに子どもを産めない身体じゃないですよね、なんてそんな質問をするわけないですよ。
その質問をして、どうするんですか。
質問の答えによっては、今までのことをまるでなかったことにするみたいな、そんな質問。
それに、何か聞きたいことがあれば自分で質問しますよ。
自分で聞きにくいからって、人伝いに聞くなんてそんな、筋の通っていないことするわけないじゃないですか。せめて筋をとおしますよ。
だから本当に、私じゃないんです。
その質問は、私のことを気遣ってくれた、私のカウンセラーさんの厚意でした質問なんです。
大変もやもやさせてしまって、本当にごめんなさい」

私「・・・いえ。十分ですよ。昨日、私のあの質問のLINEの意味にすぐ気づいて、誤解をときたいってポテトさんから返信があったのを見て、質問の発信者はポテトさんじゃないって、すぐにわかりましたから。こんなに相手の気持ちを慮れる人が、そんな質問をするわけないですもんね。」

ポテトさん「信じてくれてありがとうございます・・・」

私「いやいや、ポテトさんはそんな人じゃないですもん。それにしても、相談所伝いにこんなトラブルが起きるなんてw破談になったらどうするんでしょうねwww」

ポテトさん「本当ですねww二人の間に、人が2人もはいると、伝言ゲームみたいでとんでもないことになってしまうんですねw
何か聞きたいことがあったら、直接私に聞いてくださいね!!なんでもちゃんと答えますから!!」

私「はい!笑」

・・・このあとは、この事件のことをひたすネタにして、爆笑していました。笑
雨降って地固まる、って、こういうことをいうんですね。笑

電話を切って、夜寝る前に、LINEをしました。

(LINE)
私「今回の件、ひやひやしましたが逆にポテトさんのことがもっと好きになりました^^」
ポテトさん「私もです!」

と、こんなかんじで♪♪

いやー、相談所を通してこんなトラブルがあるもんなんですね。笑
でも私的には、ポテトさんはやっぱり思っていた通りいい人だということが改めて認識できたので、結果オーライかな?笑
それに、あの温厚なポテトさんがあんなに熱くなって否定してくれたので・・・。
いやー、今思うと胸熱です。
あの時の電話、録音しておきたかったくらい!笑

私の中で、ポテトさんでほぼ決まりかなあ〜という気持ちだったのが、より強くなりました。
何か問題が起きても、ポテトさんとなら、乗り越えて笑い話にしていけるんじゃないかなっていう、確証が得られた気がします。




↓↓メロンパンが半年で成婚できた実績最強の結婚相談所↓↓
ワンランク上の結婚相談所【ハッピーカムカム】

↓↓メロンパンが5万円で結婚披露宴を依頼したエージェント↓↓
会費制結婚式するなら【会費婚】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5人家族の末っ子として首都圏ですくすく育つ。 幼い頃から仲の良い両親を見て育ったため、結婚に対して強い憧れを持つが、なかなか結婚相手が見つからずアラサーに突入。 自己流で婚活するがうまくいかず、最後の手段で結婚相談所に入会してわずか半年で成婚退会。現在主婦業に専念。 このブログを通して「幸せな結婚生活をたくさんの人にもたらす」ことをモットーに、自身の婚活の体験談や結婚生活を綴っています。