デート明けの月曜日。心が定まらない~

デート明けの月曜日。仕事がおぼつかないw

今日は、同僚さんとデート明けの月曜日でした。
なんだかこう、デート明けって頭ぼんやりしてしまいませんか?私だけ??
ぼーっとすると昨日のデートをリマインドしてしまうのは私だけなのか、女という生き物だからか・・・。

昨日の同僚さんとのデート、楽しかったなあ。
もしこのまま今週末もデートでお出かけしたら、恋人気分に拍車がかかりそうだ。
たぶんこのまま合う頻度が保たれていれば、きっとふつうに一緒になりそうな気がする。

でも、ひっかかるのは・・・

今の心境をつづってみる

今の心境としては、同僚さんのことをぼんやりしたときに思い出してしまうけど、
ひっかかるのはポテトさんのこと。

同僚さんと話をしていて、楽しかったし、いろんなところ一緒に行けそうで楽しそうとは思ったけど、
これはなんとなくだけども・・・結構けんかしそうな気がするw
どうしてそう思うのか、というと、
やはりデートで一緒にご飯を食べていた時の発言が気にかかったんだと思います。

同僚さんの初対面の印象を伝えた後、「根がネガティブ?」と言われたこと。
その後会話の流れでそのこと自体はナチュラルに過ぎたんだけども・・・・

例えば「私はこう思った」って言ったときに、共感してくれないんじゃないかなって。
ちょっと、共感力が低そうな気がする!
何か言われた時、その矛先が自分に向かわず相手に向かうタイプな気がする。
自分でもデリカシーないって言ってたし。

長い結婚生活を送るなら、いったん私の気持ちに共感してくれる人がいい。
その上で発言してくれる人じゃないと、わがままな私には難しい気がする。

そういえば、何でポテトさんがいいと思ったのかを一つ思い出した。

ポテトさんとお見合いをしたとき、
私の趣味の欄に「読書」と書いてあったことをポテトさんが覚えていてくれて、
「読書お好きなんですね」と言われました。

それに対して私は、「そうなんです、女性のわりには、よく読む方だと思います」という発言をしました。
そしたらポテトさんは、「そんなことないですよ!女性だって、たくさん読む人は読みますよ~」と言ってくれました。

私のこの発言には背景があって。
私の部屋に来たことがある人は、私の部屋の本の多さを突っ込む人が多いんですよ(ー_ー)
昔付き合ってた人には、本ばかり多く女性らしいマスコットとかインテリアが少なくて、
「女の部屋じゃない」的なことを言われ、結構傷ついたんですよねー・・・。

なので、「女性の割には」という枕詞を使ったのですが、
これをうまい具合に否定してくれたのが逆に嬉しかったのかも。
部屋みせても大丈夫そう、みたいな。笑




↓↓メロンパンが半年で成婚できた実績最強の結婚相談所↓↓
ワンランク上の結婚相談所【ハッピーカムカム】

↓↓メロンパンが5万円で結婚披露宴を依頼したエージェント↓↓
会費制結婚式するなら【会費婚】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5人家族の末っ子として首都圏ですくすく育つ。 幼い頃から仲の良い両親を見て育ったため、結婚に対して強い憧れを持つが、なかなか結婚相手が見つからずアラサーに突入。 自己流で婚活するがうまくいかず、最後の手段で結婚相談所に入会してわずか半年で成婚退会。現在主婦業に専念。 このブログを通して「幸せな結婚生活をたくさんの人にもたらす」ことをモットーに、自身の婚活の体験談や結婚生活を綴っています。